海外

海外生活で人生は本当に変わるのか。

  1. HOME >
  2. 海外 >

海外生活で人生は本当に変わるのか。

 

 

【留学や海外での生活は人生を変えられる】

 

っていう決まり文句のようなもん聞いたことありますよね。

「人生変えたい」「海外での生活が自分を変えてくれるやろ」

そう思っている人も多くいるのではないでしょうか。ですが、僕は経験上そうは思いません。

 

こんな言い方をしていますが、無駄では絶対にないですよ。ただ自分を変えてくれたり、人生を変えてくれるなんてことはありません〜。

じゃあ海外で何が得られるのか。あくまでもこれは僕個人の経験上の感覚であり、思うところなので参考程度に見てもらえればと思うのですが、ポイントは『自分の性格』にあると感じました。同じような性格の人には特に共感してもらえるんじゃないかと思います。

 

 

 

皆さん自分の性格ってわかってますか??

僕はわかりません。自分の性格を知ることって一見簡単なようで難しいと思います。

 

「自分の性格は〜なんだ!!」

 

と言い切れる人はすごいな〜と思います。

何故なら自分のことをしっかり見れているということですもんね。でもそれってわかっているつもりなだけ?だったりしませんか?

僕は自分はこんな性格だと思ったこともありますが、色んな経験を得て思っていた性格は変化しました〜。つまり思っている性格はこれ!とは言えないと思いません?

 

軽く挑発するような文面ですが、それほど自分を知るということは難しい事だと僕は感じています。

昔から自分なりに自分を客観的に観察すること、人の気持ちを想像?予測?することを続けています。というか、いわゆる癖です。

 

「え?こいつキモい?」

と思った方もいるでしょう。別に想像壁があるわけではないですが、昔から人の目を気にしていたから無意識にそのようになったんだと…

その中で自分というものを海外に出てより一層観察する毎日でした。そして、その性格が自分の海外生活で邪魔しちゃったんですよね〜( ̄▽ ̄;)

自分を見つめることって個人的には渡航にあたっては重要な事と思うし、大切な事だと実感し、同じ境遇の方、共感を抱かれる方も中にはいるのではないんかな〜?

僕はこれが海外生活で自分を、自分の人生を変えるとまではいきませんが、変化の第一歩となりました。

 

 

立ちはだかった壁

「壁にぶち当たる」というとよく耳にする言葉ですね。

良い響き!!カッコいいーー!!(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

壁に打ち当たるなんて言い方をすると大層に聞こえますが、僕は基本ネガティブ思考気味なので昔から似たような感覚はよくあります。

「あ〜、他の人なら出来るんだろうな〜」

「あ〜、俺には出来ん。逃げ出したい…」

 

ネガティブ思考だけど、じっくり考えて「本当にやりたい!」と自分で決めた事に関してはどんなことでも突き抜けてしまうタイプなので自分でそういう道を選んでいるようなものですがな〜。

壁というか、なかなか殻を破れないと言った感じでしょうか。立ち往生というやつですね〜。

どうにかしたいけど、どうにも出来ない。そんな僕だから?海外でも『自分の性格』という『壁』に直面しちゃいました〜。

 

 

気のせいだと気づけない意識

僕は凄く色んなことを気にする性格なので、周りから

「そんなんも出来んのかよ〜」「早よしろよ邪魔くさいな〜」

と思われてそう…

そう思うのが僕です( ✌︎'ω')✌︎(今は昔ほどではないですが)

 

海外では余計思いましたが、めっちゃくちゃ損してました〜ハハハ(当たり前のこと)

性格上の問題だから、、、と思う人もいるでしょう。僕もそう思います。性格だからしょうがないんですどうしようもないんですよね〜笑

 

でも、経験したからこそわかります。その性格は何事においても自分の邪魔になります。

実際海外滞在時にこの性格が邪魔をしてきましたが、これでは海外にきたという自己満で終わってしまうと僕は思ったわけなんですね。

「自分の中で納得はしたいけど、海外まできて自己満だけにはなりたくない!!」

そう思っていた僕はフィリピン滞在時に吹っ切れて性格と名の殻を破る努力を始めてみました。そこから出来ないながらも英語力が少しずつ変わってきたように感じます。

少しずつ変化が出てくると周りからの目を気にすることが減ってきて、挙げ句の果てにはそれが単なる自分の思い込み、被害妄想に近かったんだと気づきました。

 

この殻を持っている人はここを破れないと海外という環境で、観光的な感覚で住むような感じになってしまうと個人的な経験上では思います。

 

 

そんな簡単に殻破れるのか

結論から。

破れるわけないやん!!www

 

 

同じような性格を持っている人なら感じるかもしれませんが、そんな簡単に破れたら苦労しません。口で言うのはとても簡単。だいたい簡単にいう人なんかはその感覚が分からない人か、他人事でしょう〜。

本人にしか分からない心情があります。決して簡単ではない。僕はそう思います。

 

だからこそ時間がかかってもいいと思う。焦りながらも少しずつ少しずつ。それが大事なんじゃないかな?

「時間がかかっている時点で遅れが出てしまう…」

と思ったりしませんか?僕は思っていました。

でも、その遅れは自分自身を成長させてくれる時間であり、決して無駄じゃありません。逆に「どうしたらいいんだろう」と思って止まっている時間、何もしないと残念ながら何も変わりません。むしろ倍ぐらい時間かかっちゃいますよ。 難しいですね人間?感情?は〜( ̄▽ ̄)

 

 

破れたらもうこっちのもん!ではない

破れたらもう自分のものになるのかと思えば、そうでもないという事実。ほんっっと感情って難しい。。。

 

そう感じたのはフィリピンからカナダへ環境の変化があった時でした。新しい環境に伴って周りの人、周りのレベルなどがコロッと変わります。

当たり前ですが、フィリピンの語学学校よりカナダでの語学学校の方がレベルは高いです。フィリピンはアジア人多いですからね。となると、また邪魔をしていた自分の性格が再来ちゃったわけです。

困りました。殻破りが少し出来てきたから英語力の変化が出て来たのも事実。でも、現実は厳しい。カナダでは周りのレベルが高すぎて付いて行けず、殻が再構成しやがって来ました。ガーン

 

「ここでまた殻に籠もってたまるか〜!!」

その気持ちとは裏腹に全然行動出来ない、、、人間そんな簡単には変われないのか。何度も諦めそうに。

 

時間がまたかかりました。

「何やってんだろ俺」

何度も思いました。でも、ゆっくりでもいいから少しでつ頑張るか。肩の力を抜いてリラッ〜クス。

 

すると、すぐには無理でしたが無事阻止出来ました。一度破っていると二度目は早かったんですね。それに気付けました。これも良かった。

フィリピンの時とはまた違う不慣れな新しい環境と生活、そして学校での周りとのレベルの差を実感(また周りを気にしてる)。周りは英語で受け答え出来るのに自分だけ出来ない悔しさや恥ずかしさから逃げ出したくなったり、方向音痴の僕は迷子になりそれが重たい足を後押ししてくれて?学校を休むこともしばしば…

 

勿体ない時間を過ごしたと今となれば思いますが、その時にはなかなか分かっていても弱い自分が本領を発揮するんですよね〜

そんなもんです。それがダメなんだよと言われれば、何も言い返せません。アドバイスはもちろんwelcome & thank youですが、ちょっと下に見たような感じで周りが何と言おうと

「え?なに?時間かかろうが遠回りしようがおみゃーにゃ関係ねーやろ?」

てな感じですよね〜。黙っとれ、これが自分だもの( ✌︎'ω')✌︎

 

 

結局どうやって破った?何が必要?

 

『慣れ』『会話』『気持ち』

 

ですね。自分の感覚では。

 

言わずとも一つは『慣れ』。耳も生活も学校もですね。

あとは『会話』。思い切っておりゃおりゃー!と会話していくと話が思わぬ所で盛り上がり、笑顔になったりもします。もし上手く伝えられなくてもみんなっ出来ないところからスタートしてるので、伝えようとする気持ちがあれば意外と耳を傾けて聞いてくれます。

そういう意味でもアウトプットは大事というのもかなりあると感じます。

英語に関わらず口に出してみることって大事だな〜と改めて実感。

 

そして、一番大事なのは『気持ち』。

出来なくても、笑われても、泣きそうになっても!?(実際にある)、諦めないこと。伝えようとすること。

これがあれば少なからず周りの態度も変わって来ます。これでも下に見てくるような人は関わらなくてOK!! 国籍問わずですね。これは海外でも日本でも関係なくですよね。そういう人は少なからず、自分の努力の足かせになります。

だって自分なりに努力してるし、アドバイスを聞いてない訳でもないし、好き嫌いで人の判断もしてないもん。笑

 

どんな苦境でも自分に負けないこと。

これってなにに関しても成長していく上では大事なですよね。

 

 

最後に

海外行ったからって自分も自分の人生も変えてくれません。

海外にいても自分を変えれるのはあくまでも『自分自身』。海外に行ったからって何かが変わる訳でもないし、英語が話せる訳でもない。海外に行った事プラスα『努力』で何かが変わるんです。

 

まず海外という見知らぬ土地に行くという行動を起こした時点でも大きな事だと思います。良くも悪くも色んな条件、環境のせいで行けない人も多いですから。それは全員共通に何かしらあると思います。

その中で海外という環境を自ら選んで行動したということ。それは海外での生活海外での交流関係今まで自分が知らなかった文化価値観との出会いを生んでくれます。世界観は広がりますね間違いなく。自分の人生の中での財産の一つになるでしょう。

 

ただ一つの変化を起こしたらそれで終わりではありません。またそこから続きます。

そこで納得するか、また新たな変化を起こすか。

自分を変えるための選択肢はありとあらゆるところにあります。その一つ一つの選択が自分に変化をもたらします。ここまの性格の話も同じです。

でも、自分の選択によって海外で生まれる出会い、経験は消えて無くなることももちろんあります。

 

 

つまり何が言いたいかって?

 

【全ては自分次第】ってこと。

自分次第でどこにいても、どんな環境でも変化を起こせる。それが人生の一つだと感じます。

色んなことが付き纏うと思いますが、自分のやりたい事をやってみるというのは行動を起こして初めて生まれるもの。

 

 

長くなってしまった、、、

海外経験で期待する決まり文句についての経験者が語る意見については以上になります( ̄Д ̄)ノ

 

-海外

Copyright© フィーバーヒューちゃー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.