トレーニング・運動

スポーツ選手必見!パフォーマンス力を上げたい、怪我をしない身体をつくっていきたい。それなら地道に足趾トレーニング。【足趾トレーニング】

 

どーも、まれひかです!

 

今回は前回の足ゆびの硬さを取る方法に続いて、

今回はスポーツしている大人、子供向けの足ゆびのトレーニング方法です!

 

 

何故足ゆびの動きは必要なのか、重要なのか

足ゆびの重要性については以前記事にもしているので、

下記のリンクから飛んで少しみて見てください。

 

足指を始め、足の状態は意外と見逃されがちです。

 

「足ゆびが動かせたからってスポーツが上手くなるの?」

「そんな暇あったらもっと実践的な練習するよ。」

 

と思われる方が多いからではないかと個人的には思っています。

 

では、足ゆびが動かせるとすスポーツが上手くなるのか?

と聞かれると答えはNOです。

 

似たような例えで言うと、スポーツをしている人はストレッチしますよね?

じゃあ身体が柔らかい人が全員スポーツ上手いか?と聞かれると、こちらも答えはNOでしょう。

硬い人でも上手く人はもちろんいますよね。

 

じゃあ違いは何かというと、

身体が硬い人(柔軟性が低い)は柔らかい(柔軟性が高い)よりも、怪我を起こすリスクは上がってしまいます

この違いです。いくら上手くても、もしも怪我をしてしまうと場合によっては長期離脱もあり得ます。

 

 

足ゆびも同じような感じで思って欲しいです。

スポーツをしていても、いていなくても地面に一番長く接しているのは足のみです。

そして、ゆびは歩く時、走る時はもちろんのこと、細かな体重移動や動きの中で体のバランスを保つのにも非常に重要な役割を果たしてくれます。

 

もっともっと大きく主要になる身体の部位はもちろんあります。

が、足ゆびのこの微細な役割を知らず知らずのうちに使えているかどうか。

これは身体に、スポーツ動作に大きな影響を及ぼすと僕は考えます。

そして、微細な働きだからこそ見逃されやすいとは思いませんか?

 

 

タオルギャザーでは不十分?

足ゆび・足裏のトレーニングで代表的な【タオルギャザー】

皆さんご存知ですか?

 

広げたタオルの上に足を置いて、指で手前に引いてくるトレーニングです。

 

 

 

これで本当にトレーニングの目的は果たせるのか。

 

全くゆびが使えません!

と言う選手に対しては、初期のトレーニングとして取り入れるべきでしょう。

 

ですが、ある程度は使えるけど、もっと使えるようにならないといけない。

ゆびは動かせるけど、もっと動作の中で使えるようになりたい。

そんな選手には、もっと負荷をかけることも必要だと思うのです。

 

スポーツの中では、少なくとも体重や動きを伴った力がゆびにもかかってきます。

そのスポーツの中でゆびを活かしていくのであれば、不可のかかった状況でもゆびを使ってやる練習を行ってやるべきだと考えるわけです。

 

 

タオルギャザーを否定しているのではなく、むしろ状態によっては必要だと思います!

が、当たり前のようなことですが、もっと負荷をかけて行う足ゆび・足裏のトレーニングも必要だと思います。

 

ここからのトレーニング方法は、ゆびが動かせる上でのバリエーションを増やすための参考にしてもらえれば嬉しいです(^^)

 

 

足ゆびトレーニング方法

今回もトレーニング方法については、動画の方がわかりやすいのでInstagramに動画を貼っておきます。

トレーニングの詳細が気になる方は、プロフィールのリンクからInstagramへ飛んでもらって、動画の方見てもらえればと思います。

 

まず注意点‼️

このトレーニングを行う前にまず注意点を言っておかないといけません!!

必ず読んでおいてください!!

 

  1. 全て裸足で行うこと。
  2. 三つ目のトレーニングは床が硬いと少し痛いかもしれないので注意。
  3. 前回の記事の足ゆびの硬さを取る運動をやってから行うこと。

です!!

 

 

足ゆびビー玉摘み取り

step
1
紙コップとビー玉を用意

step
2
ビー玉を適当に足元に広げる

step
3
足ゆびでビー玉を掴み、紙コップの中にいれる

step
4
親指側の方が取りやすいが、小指側でも掴んでみるように

おすすめセット数

10個のビー玉を20秒間で紙コップへ✖️2セット

 

座って足ゆび前進

step
1
椅子に座って足裏を地面につける

step
2
足ゆびをしっかり広げる

step
3
親指から小指全ての指で地面を掴む

step
4
地面を掴んだ力で、膝が伸びるところまでゆっくり足を前進させていく

 

おすすめセット数

3回✖️3セット

 

立って足ゆび前進

step
1
今度はさっきと同様のことを立って行う。指の足裏を地面にしっかりつけて指をしっかり広げる。

step
2
親指から小指全ての指で地面をギュッと掴む

step
3
地面を掴んだ力でゆっくり前進していく

step
4
座っている時よりも、しっかりと五本の指で地面をつかむこと

おすすめセット数

1mを3往復

 

ココがポイント

・五本の指にしっかり意識を向けておくこと❗️

・立って行う場合は前に進むにはかなり力が必要なので、足全体の力で進んでしまわないようにしながら、指の力で前進していくこと❗️

・足裏や指が痛い場合は無理をしないこと‼️

 

 

家でも簡単に出来る三つのトレーニングの紹介でした。

こんなに指だけを使うことはないように思えますが、知らず知らずのうちに足の指はかなり使っています。

 

立っている状態で行う足ゆび運動なんかはしっかりと負荷がかかるので、どこでも出来て一番効率が良いかもしれません。

ただし、痛みが伴う場合は無理をせず休みながら行ってくださいね。

 

地道なことでも継続して行うことが大切です。

一見意味があるかないか分からないようなことでも自分の力になってくれることもたくさんあるので、是非トライして見てくださいᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

 

おしまい。

 

 

-トレーニング・運動

Copyright© フィーバーヒューちゃー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.