海外

フィリピン到着 〜CIAへ入学〜

〜ワーキングホリデー前のプチ留学〜

こんにちは。凡人まれひかです。

今までの2つの投稿をみてくださって方はご存知の通り、僕はワーキングホリデーでカナダのトロントへ向かう前にフィリピンのセブ島へ語学留学を2ヶ月間来ています。想像以上にネット環境、WiFi環境が悪く、投稿が思ったように出来ないまま入学して早3日が経過しました。色んな投稿をしたいところですが、今回の内容はフィリピンの語学学校についてです。

 

 

 〜スパルタとセミスパルタ〜 

スパルタとセミスパルタってなに!?と思われると思いますが、その名の通り学校の厳しさです。

 

僕もフィリピンの学校を選んだきっかけは、同じようにワーキングホリデーでカナダへ行っていた友人の紹介でした。その友人は1ヶ月間セブ島の学校に通っており、とても勉強になった!というアドバイスをもらい、僕もワーキングホリデー前にフィリピンへ行くことを選びました。なので、自分の知ってる範囲でのお話になってしまうことをご了承いただければと思います😅

 

フィリピンには語学学校が多く、大きくスパルタとセミスパルタの2種類あるようです。

寮も学校と併設されており(併設されていない寮もあります)、食事も洗濯、部屋の掃除も付いています。部屋も1人部屋〜4人部屋まであり、それぞれ値段が違います。ここまでで少し分かるようにいわゆる缶詰状態で英語の勉強をする学校。というわけです✏️土日祝日はお休みですが、平日は毎日学校があり、罰則や門限等も決まっています。

 

 

ここでスパルタ、セミスパルタの話に戻りますが、大きく違うのは平日の授業時間ですね。

スパルタの方は学校によって多少の違いはあると思いますが、朝の6:00から起床の点呼から始まり、ご飯の時間を除いて22:00まで授業や単語テスト、義務自習があるようです。。。かなりハードですね💦でも、その分やはり授業数も多いし、規則も厳しい分勉強はかなり出来るそうですよ🤭

 

 

セミスパルタですが…

僕の選んだ【CIA】はセミスパルタの学校です。では、詳細に入っていきましょう!

 

スパルタよりは夜の時間が基本的に自由に使えます🆓毎日のスケジュールを箇条書きで書いていきます。

〈月曜日〜木曜日〉

・6:40~7:50 朝食(基本的に時間内であればいつ行ってもOKです)

・7:20~7:55 dailyテスト(時間内に行って終わらせればOK)

・8:00~12:30 授業(50分授業で間の間隔が5分)

・12:00~13:30 昼食

・13:30~18:00 授業

・17:30~19:00 夕食

・19:00~ フリータイム(罰則等なければ)

〈金曜日〉

・6:40~7:50 朝食

・7:20~7:55 dailyテスト

・8:00~12:05授業(45分授業で間の間隔が5分)

・12:00~13:30 昼食

・1305~17:10授業

・17:30~19:00 夕食

・19:00~ フリータイム(罰則等なければ)

※門限は22:00。1分でも遅刻すれば翌日の6:30まで中に入れなくなる。

 

とこのような感じになっています。

土日祝日はお休みで、金曜日は少し終わるのが早いです。門限が次の日学校ならば22:00、休みならば24:00と決まっていますが、授業が終わってから門限の時間までは自由な時間です。

が、上記に書いてあるように、月曜日〜木曜日までdailyテストがあります。10点満点で0点の場合その日の外出が禁止となり、一週間で24点以上なければその週の週末が外出禁止になります。どんな理由であれ、欠席すると0点扱いになり、外出が出来なくなります…

 

またテストの結果やテストを欠席した人、罰則を犯した人などの情報は全て校内に貼り出されます!笑 そして、僕も早速一度食らいましたが、校内での母国語は禁止されていて使っていた場合は、名前を残される上に罰金として20ペソ(日本円で大体40円)を払わないといけません。そんなに高い金額ではありませんが、この辺は割と厳しいです。。。

フリータイムは基本的に何をしていてもいいですが、翌日のテスト勉強や宿題をしている人も多いです😥

スケジュールはこのようになっています。

 

 

初日にレベルチェックテストが行われ、細かくレベル分けされ、その結果を元にテキストが配られます。

が、授業を受けてみて、レベルを上げたい又は下げたい、先生を変えたいというのは出来ます。期間が数ヶ月なので、テキストは次々には変わりません。なので、多くの人がレベルの上げ下げをちょこちょこ行っていますね。僕も三日目にして早くも教科書は三冊変えました。

色々と規則はありますが、ここはフィリピンです。そうなんです、

日本ほど規則は厳しくありません😂基本的に時間などにも先生もルーズなので5分ほどは遅れてくるのは当たり前。何なら生徒も遅れていっても10分以内なら問題ありません🤣

 

授業はというと、僕はESLというコースを選択しているので、全部で10コマの授業、うち3コマがGroup Class、4コマが1:1Class、1コマがActivity Class、2コマがSelf Studyとなっています。何といっても1:1Classが半分近くを占めているのがとても勉強になります😆それぞれのレベルに合わせて授業を楽しく進めてくれるので、わからないなりに英語での授業を行うことが出来ます。Group Classも同様に同じレベルの人が集められて作られている5〜10程度のClassなので、置いていかれるような事もありません。

Activity Classは各クラスによって違うようですが、僕のクラスはアメリカンイントネーションの練習をしています。

Self Studyはその名の通り自分で勉強を行う授業ですが、2コマとも授業の始めにStudy Roomでサインをして初めて授業を行ったことになり、サインをし忘れると欠席扱いになります。そして、うち一コマはWritingの宿題があり、決められた2つのお題から1つ選び、そのお題について60単語以上と決められた10の単語のいくつかを使い文章を作ります。それを授業が終わる10分前に提出、確認してもらって初めて授業参加となります。もちろん出来ていなと欠席扱いなのですが、これがまた難しく、時間がかかるんです😅

 

 

あとは部屋ですね!2〜4人部屋があるのですが、僕は2部屋を選びました。

その理由は、洗面所やお風呂の順番待ちがあるという友達からのアドバイスでした。ですが、2人なので気まずかったら嫌だな〜とこっちに来ながら思っていましたが、優しい30代の台湾の方だったので、何の苦痛もなく生活できています🤣

朝起きた時と夜寝る前しか大体会いませんが、ここに来ている人はみんな英語の勉強をするために来ているので、喋れないことに恥ずかしさを感じず、わからないなりに話すことが出来ます。僕はその中でもルームメイトに笑われてしまうほど喋れませんが🤣

授業以外でも、そういう機会があるのでかなり上達に役立っているんじゃないかなと個人的には感じましたね🤔

なので、変なプライドなんかはありません!!多分そんなのがある人の方が、どれだけペーパーで英語が出来ても上達しないと思います、、、と言いつつも、僕も全く喋られないのでここに来て良かったと思えるようにしっかりとinput、outputしていこうと改めて思います!!

 

 

このようなスケジュールで毎日英語が出来ないなりに生活しています。

喋ることはもちろん苦労しますが、常に【聞く】ということに集中しなければいけません。日本でいるように少し気を抜いていると何を言っているか余計に分からなくなるので、一言も漏らさないように単語が分からなくても聞くということが個人的にはかなり疲労の蓄積要因だと感じています😳いわゆる【耳慣れ】とやつをしてくると少し違ってくのかもしれませんが…

勉強と週末の遊びの両立をいかに出来るか、、、

2ヶ月後の自分に少しばかりの期待しながら、英語を楽しみながら頑張っていこうと思います✏️🏄‍♂️✏️🍻

 

 

-海外

Copyright© フィーバーヒューちゃー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.